上質な眠りはオーダーカーテンのある寝室から

  • 眠りの環境をあらためて見直そう

    毎日の睡眠時間が7~8時間とすると、一日の3分の1は眠って過ごしている… このことは、今や誰でも知っています。 すると80歳までの人生では、およそ27年間を睡眠に費やしている ということになるわけです。 私たちにとって、質の良い睡眠がいかに大切かということが実感できますね。 充実した眠りのためには、上質な寝具や寝装品を選ぶことも大切ですが、 その前に寝室という睡眠環境を整えることがさらに重要です。 寝室は、よく眠って心身の疲れを癒し、翌日の活力を養うための場所であるべきです。 まずは自分にとって快適で、心からくつろげる環境になっているかどうかを チェックしましょう。

  • 良い睡眠に強い刺激はNG!

    寝る前に読書をしたり、音楽を聴いたりする人は多いものですが、 感覚に強い刺激を与えると寝つけなくなることがあるので、避けたほうがよいのです。 さらに人は、睡眠中も周囲の環境から様々な影響を受けていると言います。 枕元や部屋の中が、本や雑誌、衣類、その他のガラクタで散らかっていると、 実際に安眠が妨げられるので注意が必要です。 また、カーテンや壁紙が激しい原色や奇抜な柄だと、目からの刺激が強すぎて、 とても眠りにくくなることは想像できるでしょう。

  • 高級ホテルは最高の安眠環境

    安眠のための理想的な環境は、高級ホテルの客室が良いお手本です。 余計なモノを一切排除し、ナイトテーブルにスタンドだけといった 最低限必要のアイテムだけをスッキリと配置したインテリアは、 機能的なだけでなく見た目にも気分を落ち着かせる効果があります。 しっかりした手ざわりのカーテンを閉めれば、安心して眠りにつくことができるのです。

  • オーダーカーテンで創る安らぎの寝室

    お部屋の印象を左右するカーテンも、寝室においては特にこだわりたいアイテムです。 オーダーカーテンの場合は、インテリアにぴったりのテイストを選ぶことができるので、 満足のいくくつろぎの空間を創ることができます。 カーテンは就寝前や起床時、必ず目に入るアイテムですから、強烈な色や柄は避け、 彩度の低いシックなトーンでまとめるのがおすすめです。 また寝室のカーテンは、朝の目覚めと共に太陽光を入れて 心身を活動モードに切り替えるなど、 生活のリズムにメリハリをつける役割も持っています。 朝の光には脳を目覚めさせる働きがあるので、 必ずしも遮光カーテンである必要はありませんが、 最近ではデザインや質感の良いおしゃれな遮光製品が豊富に出ていますので、 好みで選んでもよいでしょう。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

オーダーカーテンの買い替えのタイミング

美しく肌に優しいシルクのカーテン

信頼ある国内ブランドのオーダーカーテン

オーダーカーテンで書斎をクリエイティブな空間に

施工事例一覧