カーテン用小物やカーテンレールにもこだわりを

  • オーダーカーテンの特徴とは?

    カーテン用小物やカーテンレールが欲しいと思った時、それぞれをインターネットで探したり、インテリアショップを周って好みのものを買い集めたりする方法がありますが、新しい家に付けるカーテン小物やカーテンレールを探すのであれば、オーダーカーテンがおすすめです。

    オーダーカーテンは、自分好みの色や柄の生地が選べたり、部屋に合った寸法にできたりするだけでなく、カーテン小物やカーテンレールも合わせて購入できるからです。オーダーカーテンの専門店なら取り扱っている種類も豊富です。

    オーダーカーテンの専門店では、カーテンレールの取り付けまで行っているお店もあります。新築で家を建てる時やお部屋をリフォームする時は、カーテンレールを付けるか否かで費用が変わりますので、カーテンに合わせて好みのカーテンレールを付けたい場合は、オーダーカーテンのお店にまとめて依頼した方が、自分でカーテンレールを購入し施工会社に取り付けを依頼する手間もかかりません。

  • カーテン用小物にこだわってみませんか?

    カーテン用小物には、カーテンを束ねながら装飾品にもなるタッセルと、カーテンを束ねなくとも引っ掛けるだけで収納できるカーテンホルダーがあります。カーテン用小物はカーテンアクセサリーとも呼ばれ種類も豊富。あなたがもしカーテンをオーダーするなら、お気に入りの服に合わせてアクセサリーを着ける感覚で自分好みのカーテンを手に入れてみませんか?

  • カーテンを引き立てるタッセルの魅力

    タッセルにはカーテンと同じ布で作られた帯状のものと、紐状のものがあります。紐状のものは房がついたクラシックなものや、ビーズがキラキラとして高級感のあるものなどその種類はさまざまです。

    「タッセル」という言葉自体は「房飾り」を意味し、その歴史は古くヨーロッパの中世に遡ります。フランスの職人によって作られたタッセルは、その芸術性の高さから広く輸出され、全世界的な装飾品となりました。日本でも輸入タッセルを販売しているお店は数多く、中でもヨーロッパやアメリカのタッセルは特に人気があります。

    ヨーロッパのタッセルは、富と権力の象徴として宝石同様、服飾や室内装飾に使われた時代があったので、ゴージャスで華やかな特徴があります。一方、アメリカでは大胆さやインパクトのある形が好まれる傾向があるため、アメリカのタッセルは、ダイナミックなデザインのものが多いようです。

    ここでは、ヨーロッパやアメリカで人気の高い3つのタッセルブランドをご紹介します。



    SAHCOは、1841年に設立されたドイツのブランドです。テキスタイルの魔術師と呼ばれているウルフ・モーリッツが、独創的なアヴァンギャルドな世界を独自の素材を用いて表現します。それに対し、女性デザイナーのロリ・ワイツナーのタッセルは、フェミニンなラインが特徴。植物やアンティーク、歴史的なモチーフを独特なカラーで表現します。



    HOULESは、1928年に創立されたフランスのブランド。伝統を引き継いだ職人達によるタッセルは、細部まで高いクォリティーを誇ります。クラシックでゴージャスなラインから、モダン・フェミニン・ナチュラルなものまで、あらゆるテイストの生地とよく調和します。



    KRAVETは、アメリカのブランドで1918年に創立されました。品揃えは全米一を誇り、トリムなどの種類も豊富で、繊維以外の素材にも対応しています。価格帯も幅広く、リーズナブルなものからハイグレードなものまであることが、多くの人から高い評価を受けている理由といえるでしょう。

  • カーテンを美しく収納できるカーテンホルダー

    カーテンホルダーとは、壁に固定されているホルダーにカーテンを束ねて引っ掛けておくものです。タッセルの場合、カーテンをタッセルで束ねてから房掛けに掛けなくてはいけませんが、カーテンホルダーは、カーテンを束ねたら壁に固定されているホルダーに掛けるだけで済みますので、朝の忙しい時にはこのひと手間が楽になるのは嬉しいですよね。

    また、カーテンホルダーはカーテンをふんわり「掛ける」という感じになりますので、カーテンを開けた時にシワにならずカーテンを美しく見せることができます。カーテンホルダーのデザインもカーテンに影響を与えない控えめなものから、大ぶりで存在感のあるものまで様々あり、カーテンレールとお揃いのデザインにすれば高級感がアップします。

  • カーテンの印象を左右するカーテンレール

    カーテンレールとは、カーテンを吊り機能させるために用いる器具のこと。カーテンレールは大きく分けると、装飾レールと機能レール2つがあります。さらに装飾レールには主に下記のような種類があり、この中で近年人気上昇中なのは、金属製レールです。

    <装飾レールの種類>

    • 重厚感と温かみを持ったウッドレール
    • アンティーク調のアイアンレール
    • シャープでモダンな雰囲気になる金属製レール
    • ゴージャスな雰囲気を演出する真鍮製レール(ブラスレール)


    一方で機能レールの特徴は、シンプルなフォルムと機能性の追求にあります。設置する場所に合わせた色や形状、カーテンの開閉をスムーズに行う機能を追求し、レールが目立たないようにカーテンを吊るしたい方にはおすすめです。機能レールの素材の種類には、賃貸マンションで設置されているようなアルミ製のレールや、樹脂製のレールなどがあります。また、形状の種類では、出窓などの形に合わせて取り付けられるカーブレールや、窓の幅に合わせて長さが変えられる伸縮レールなどもあります。

    カーテンレールは、デザインによってカーテンの印象をガラッと変えてしまう影響力があり、カーテンの魅力を引き出すのはカーテンレール次第ともいえます。部屋のインテリアにも合わせてレールを選んでみてはいかがでしょうか?

    これまでご紹介したように、カーテン用小物やカーテンレールにも、素材や形、機能などさまざまな種類があり、カーテンと組み合わせることによって、窓周りを演出しお部屋の印象をがらりと変えることができます。窓を効果的に演出するためには、自分がどんな生活をしたいのか、インテリアのイメージやカーテンのスタイルはどのようにしたいかを考え、それに合ったカーテン用小物やカーテンレールを選ぶことが大切です。カーテンをオーダーする機会に是非お試しください。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

部屋を広く見せるオーダーカーテンとは

オーダーカーテンだからこそできる個性的な演出

カーテンに使われる素材にはどんな種類や特徴があるの?

上質な眠りはオーダーカーテンのある寝室から

施工事例一覧