オーダーカーテンのメリットや魅力とは?

  • オーダーカーテンのメリットとは?

    オーダーカーテンというと、少々ハードルが高いというイメージがあるかもしれません。たしかに、既製品のカーテンと比較すると金額が高くなることもあり、オーダーメイドのカーテンを作る機会は一生のうちにそうそうあることではないかもしれません。ご自身のお好みのものを購入すると長くご愛用頂けるでしょう。それはオーダーカーテンならではの魅力と言えるのです。



    オーダーカーテンは、カーテンのプロフェッショナルのアドバイスを聞きながら、好みのカーテンを選ぶことができます。どのようなカーテンがご自宅に相応しいか考えながらデザインを追求できるのは、既製品のカーテンにはないメリットといえるでしょう。さらに、実用性もデザイン性も兼ね備えたカーテンが欲しい、というご希望にも添うことができるのです。

    既製品のカーテンだと、サイズはぴったりだけどデザインが部屋のインテリアと合わないなんてこともしばしばあります。しかし、オーダーカーテンなら、イメージもサイズもピッタリな一品を自分で選ぶことができるのです。どう選べば良いか分からない人でも、お店の人に相談すれば必ず好みに合ったカーテンを手に入れることができるでしょう。サイズ・色・模様から、レールなどの細部に至るまで、思いのままに作られたカーテンは、きっとあなたの生活をもっと素敵にしてくれるはずです。



    オーダーカーテンの最大メリットは、サイズや仕様を全てオーダーメイドできること。1センチ単位で縦の長さや幅の長さを調整することはもちろん、オーダーカーテンであればフックの付け方を変えたり、ヒダを増やしたり、逆にヒダをなくしたカーテンを作ることもできます。 また、既製品では使うことができない生地であっても、オーダーカーテンであれば使うことができるケースもあるため、選べる生地の幅は既製品からぐっと広がります。そのため、既製品のカーテンでは馴染まなかった部屋のインテリアとも、しっかりマッチするカーテンをしつらえることができるのです。



    オーダーカーテンに使われる生地は既製品よりも厚く、高価な生地のため、こまめにお手入れをすれば、寿命は10年以上もつでしょう。さらに、部分ごとに糸の強弱を変えたり、裾を3重にしていたりと、細かい所までしっかりと丁寧に縫製されているため、型崩れしにくく美しさが長持ちします。

  • 豊富なデザインが魅力のオーダーカーテン

    オーダーカーテンは、家やお部屋の雰囲気をもっと素敵にする絶好のアイテムです。近年では、インテリアにおけるカーテンの重要性がより多くの人々に認識されており、色やデザイン等、ゆっくり時間をかけて選ぶ人が増えています。例えば、リビングは家族みんながくつろげるような柔らかな印象にしたい、寝室は心理的要素も取り入れて安眠できるようなカーテンにしたいなど、用途をはっきりさせることで色や柄も選びやすくなり、イメージに合うカーテンを作ることが可能になるのです。



    カーテンと言えば、左右開きのものが一般的に知られています。左右開きでも縫製を変えることなどで雰囲気の異なるデザインにすることが可能です。 例えば、ふんわりと柔らかなイメージを醸し出す「ソフトプリーツ」加工。淡い色調の生地などを選べば、優しい印象のお部屋を作り出すことができるでしょう。お好みに合わせてプリーツのヒダを増やす加工を行えば、ぐっと高級感のあるテイストに仕上げることもできます。 縦にカーテンが開くシェード型も素敵です。多めに余裕を取ったタックが優しい印象の「タックシェード」や、ボックスヒダを採用した「バルーンシェード」などを取り入れると、お部屋が一段とたおやかな雰囲気に包まれるでしょう。

    同じ生地や色柄であっても、縫製や形によってガラリと印象が異なるのがオーダーカーテンの魅力の一つ。細部までしっかりと吟味して、お気に入りのカーテンを作り上げていきましょう。



    厚手のカーテンを作る際は、カーテンの裏地にもこだわってみたいところです。裏地を使用することで、オーダーカーテンの遮光性を向上させたり、冬の防寒性能・保温性能を高めたりすることができます。例えばリビングや寝室で使うカーテンには、裏地を打っておくと安心でしょう。表に使われる生地も、裏地によってカバーできより丈夫なカーテンに仕上がるため、カーテンを長持ちさせたい場合にもおススメです。デザインの美しさと機能性を備えたオーダーカーテン。ぜひ、お部屋に取り入れてみませんか?

  • 様々なスタイルのオーダーカーテンで個性を演出

    オーダーカーテンは、家やお部屋の雰囲気をもっと素敵にする絶好のアイテムです。近年では、インテリアにおけるカーテンの重要性がより多くの人々に認識されており、色やデザイン等、ゆっくり時間をかけて選ぶ人が増えています。例えば、リビングは家族みんながくつろげるような柔らかな印象にしたい、寝室は心理的要素も取り入れて安眠できるようなカーテンにしたいなど、用途をはっきりさせることで色や柄も選びやすくなり、イメージに合うカーテンを作ることが可能になるのです。 住まいの新築や増改築、転居などで、インテリアを刷新する機会が訪れたら、オーダーカーテンで憧れのお部屋のイメージを表現してみませんか。日除けや目隠しになればいい、という認識ではちょっと残念。カーテンの基本機能はそれだけではありません。インテリアの重要なアイテムであるカーテンは、お部屋のテイストをまとめたり、時にはアクセントとなって空間イメージを表現したりするツールでもあります。また、開閉のアクションを伴うカーテンは、動かすたびに様々な表情を見せ、暮らしを豊かに彩る名脇役なのです。



    一般的なプリーツタイプのカーテンは、採光やプライバシー、室温等のコントロールを担う生活必需品となっています。その他に、ヒダやプリーツを工夫したり、裾のカッティングをデザインしたりすることで、より美しく見えるように設計されたものを「デザインカーテン」あるいは「スタイルカーテン」と呼ぶこともあります。機能性よりは、窓辺を美しく飾ったり、造形的な視覚効果を楽しんだりするもので、レストランや飲食店、ホテルなどでよく見られます。女性好みの優美な雰囲気になりやすく、一般のご家庭ではリビングにおすすめです。



    上部にたたみ上げるシェードカーテンは、様々なスタイルが普及しています。横ヒダでたたみ上がるプレーンシェードをはじめ、デザインの組み合わせ次第で個性的なアクセントになりえます。ヒダに丸みのあるバルーン、ムース、オーストリアンといったスタイルは、ゴージャスさ満載。出窓などの目につきやすいスポットにしつらえると効果的です。ローマンシェードは、カーテン生地と形の美しさが際立つ個性的なスタイルで、近年特に人気です。パネルやロールスクリーンは、ぐっと機能的になりますが、素材や色・柄で遊べる要素が多く、使い方次第では主張のあるインテリアアイテムとなります。



    かつてはオフィスの窓を連想させることの多かったブラインドですが、近年では目覚ましく商品開発が進み、機能的でデザインも美しい製品が増えました。横型ブラインドはどちらかと言えば機能重視で、アルミ素材などは無機質なインテリアに適していますが、木製ブラインドはクラシカルなテイストにもよく馴染みます。縦型ブラインドは、羽を回転させて角度を変えることで採光やプライバシーをコントロールできます。最近は色・柄や質感が豊富になったこともあり、従来のカーテンに近い感覚で自由にコーディネートできるのが魅力です。

    一般的な間取りのみならず、特殊な場所や、限られた使用シーンの雰囲気に合わせたい場合、また時には空間演出の主役としてなど、様々な要望に応えられるのがオーダーカーテンの強みです。それぞれのスタイルの特性を踏まえて、最適なオーダーカーテンを選びましょう。

  • オーダーカーテンで優れた機能を実現


    近年、オーダーカーテンにもインテリアとしての要素だけではなく、様々な機能性やこだわりが付帯するようになりました。例えば、光を遮る遮光カーテンですが、こちらは夏場の冷却効果を高めるとともに、冬場は部屋の熱を逃さず暖房費を削減するのに役立ちます。つまり一般的に使用されている光を遮るだけのカーテン、としてではなく、季節ごとの利用シーンに応じて様々な機能を兼ね備えているのです。ここではそんな機能面も充実したオーダーカーテンをご紹介します。



    生活空間に浮遊する食べ物やタバコ、ペットの臭いを分解し、中和する働きがある消臭効果のあるオーダーカーテンです。生地素材の中に薬剤を織り込ませることでその効果を実現しています。時にはインテリアとして、時には消臭剤として使用できる機能性カーテンです。



    遮光カーテンは外の光を遮り、中の光が外へ漏れることを防ぎます。寝室のほか、西日の強いお部屋などにもおすすめです。また、プライバシー保護の効果もあり、ひとり暮らしの部屋などの防犯対策としてもおすすめできます。ちなみに遮光の程度には等級があり、下記のように定義されています。
    • 遮光1級(遮光率99.99%以上):真っ暗で人の顔の表情が認識できないレベル
    • 遮光2級(遮光率99.80%以上):人の顔や表情が認識できるレベル
    • 遮光3級(遮光率99.40%以上):人の表情は認識できるものの、事務作業に暗いレベル



    UVカットカーテンは特殊素材を織り交ぜることで紫外線をカットし、外からの光も同時に遮ります。これを使用することで家具やフローリングが日に焼けてしまうこともなく、また夏場の強い紫外線から肌を守ることができます。繰り返しお洗濯してもUVカット効果はほとんど変わることがありません。


    遮熱カーテンは、夏の暑い外気熱を反射して室温の上昇を抑えることができます。また、室温の上昇を抑えることで冷房の効きも良くなり、節電対策に繋がります。



    遮音カーテンとは、家の中の音を外にもらさない性能と、外からの音を遮る性能を備えたカーテンです。部屋の中で音が発生した時、壁があれば音は反響します。窓が開いていれば音は外に透過します。その窓にカーテンがかけてあれば、カーテンがない場合よりも音漏れを防ぐことが可能です。これはカーテンの素材が音を「吸収」しているからです。遮音カーテンは、「反射→遮音」と「吸収→吸音」の効果を高めたカーテンで、特別な織り方や仕立て方、加工を施した生地で作られています。



    一般的なカーテンは、最初からきれいなウェーブが出ないものが多く、ヒダが崩れているものが多くあります。カタログの写真ではきれいに整っていたのに、実際にお部屋にかけてみると、ヒダの山がなかったりした経験はありませんか。形状記憶加工されたオーダーカーテンならそんな心配はありません。 形状記憶加工であれば、ヒダの山がはっきりとし、シルエットがいつまでも長持ちして、新しいカーテンのままの雰囲気が楽しめます。形状記憶カーテンは、フックの部分から裾まで、きれいなヒダの山がくっきりとついています。カーテンを閉じた時もヒダの山がきれいです。また、洗濯してもずっときれいなウェーブを保つことができます。



    季節を問わずに部屋に差し込む紫外線は、部屋が焼けることを考えると一年中防ぎたいものではないでしょうか。また、夏には冷房の冷気を外に逃さない機能、冬には暖気を逃さずに冷気を防ぐ機能をカーテンには期待したい効果として挙げられるでしょう。オーダーカーテンなら、そんな機能とデザインを兼ね備えたカーテンを手にすることも夢ではありません。一年中使っても良いですし、季節ごとに衣替えしてお部屋のイメージをチェンジするのも良いでしょう。それこそオーダーカーテンの醍醐味というものです。

  • オーダーカーテンを購入するタイミングとは?

    オーダーカーテンを注文するならば、新築物件を購入した時、もしくは引っ越した時が一番良いタイミングとされています。なぜかというと、カーテンを最初に取り付けることで周囲からの目隠しになることはもちろん、真新しいフローリングや畳を日差しから守る効果が期待できるからです。そのため、室内をきれいな状態で保つためには、まずカーテンを最初に取り付けることが重要なのです。 さらに、引っ越しの際にオーダーカーテンを注文することにはもう1つのメリットがあります。それは窓枠のサイズをきっちりと測れることです。引っ越し時にオーダーカーテンを注文することでよりリビングにぴったりサイズでイメージに合ったオーダーカーテンを注文することが可能になります。 窓枠はご家庭や部屋によってもサイズが異なっているため、一致することはまずありません。引っ越しのタイミングには、それぞれの窓枠の大きさに合ったオーダーカーテンでお家をしつらえましょう。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

夏にぴったりなリネンのカーテン

子ども部屋にもオーダーカーテンを

カーテンに使われる素材にはどんな種類や特徴があるの?

カーテンとインテリアによる空間演出

施工事例一覧