生活リズムを守る遮光タイプのオーダーカーテン

  • いつ眠る? 都会の不夜城

    現代社会では、都市部の機能はほとんど24時間眠らずに稼働しています。 これは、夜勤のシフト勤務を前提とした職業が昔に比べて増えている ということを意味しています。 夜間の交代勤務としては、看護師や警察官、警備員などの職種がすぐに浮かびます。 深夜営業のタクシーや飲食店、コンビニの営業も、夜間勤務の代表格です。 見えないところでは、電話のカスタマーサービスや通信販売会社なども、 深夜や早朝のシフト勤務で回っています。 さらに、時差と闘う国際線の客室乗務員や、夜間に集中的に仕事をするクリエイター職、 昼夜を問わず配信されるWeb情報を捌くIT関連職なども、 明るい時間帯に睡眠をとっておく必要がある職種です。

  • 日光を遮る必須アイテムとは…

    客室乗務員の中には、搭乗勤務の必須アイテムとして、 必ず「洗濯バサミ」を持っていく人が多いそうです。 それは、明るいうちに目的地に到着してすぐ睡眠をとらねばならない場合、 ホテルのカーテンを洗濯バサミで留めて日光が入らないようにするためだとか。 太陽光は人の脳を目覚めさせる働きがあるので、 良く眠るためにはできるだけ光を遮断したほうが良いのは当然ですが、 普通の生地のカーテンでは、どうしても光を完全に遮ることは難しいものです。

  • 安眠をサポートする遮光カーテンの実力

    明るいときでも理想的な睡眠環境を必要とする人に、 まず試していただきたいのが、遮光カーテンです。 最近は一般の家庭でも寝室などに用いられている遮光カーテンは、 多重織りの厚手の生地や、黒の裏地張り、合成樹脂ラミネート、 アルミコーティングなど様々なタイプがあります。 遮光性能によって1~3等級に分類され、遮光1級ではほぼ100%の遮光率があり、 人の顔が認識できないほどに暗くすることができます。 遮光カーテンを選ぶときに注意すべきポイントは、 カーテン本体の周りから光が漏れる「光漏れ」の問題です。 カーテン自体に遮光機能があっても、 カーテンのサイドや上下から差し込む光はかなりまぶしく感じられるものです。 こうした失敗を防ぐには、オーダー時の採寸を正確に行う、 間取りや家具の配置を確認する、カーテンボックスを取り付ける、 リターン金具を活用して窓サイドを塞ぐなどの対策があります。

  • インテリア性も◎の遮光製品が続々

    遮光機能をやむをえず優先すると、デザインが犠牲になるのが残念… という人がいますが、あきらめないでください! 最近では、高い機能性を持ちながらも美しい色や質感の遮光カーテンのラインナップが、 とても豊富に揃っています。 高い品質を誇る国内外のブランドから自由に選べるのも、 オーダーカーテンならではの強み。 大切な睡眠をサポートする最適な遮光カーテンを、ぜひともじっくり選びましょう。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

カーテンとラグマットの統一感

歴史と伝統が薫る海外ブランドのオーダーカーテン

上質な眠りはオーダーカーテンのある寝室から

オーダーカーテンを引き立てるタッセルの魅力

施工事例一覧