子ども部屋にもオーダーカーテンを

  • 子どもの感性を育むにはオーダーカーテンを

    「子どもの部屋にオーダーカーテンなんかもったいない!」 …なんてことは言わないでください。 子ども部屋には、これから成長していく子どもにふさわしい色柄と 機能を持ったカーテンを、ぜひオーダーしてあげましょう。 子どもの好みがまだ分からないうちは パパやママが選んであげることになりますが、 このとき、ありがちな「男の子だから、青系」「女の子はピンクのフリル」 という決めつけは、子どもの感性がのびのび育たないので注意してください。 それよりも、神経や感覚の発達を促すような明るい色柄で、 自由な想像力・創造力を育む空間づくりを目指しましょう!

  • 朝の光を通すカーテンで体内時計を正常化

    子どもの成長には、特に「朝の明るい光」が大切であると言われます。 朝日には体内時計をリセットする機能があり、 活動するための交感神経を活発化させ、 体温調節機能を高めることで免疫力を強化するので、 病気になりにくい丈夫な身体を作ります。 そこで、子ども部屋のカーテンはなるべく「光を通す」素材がおすすめです。 ヒトは皮膚でも光を感じているので、 成長期には特に朝の光が差し込むようなカーテンで、 身体が徐々に目覚めやすい環境を整え、 体内時計が正常に機能しやすくなる工夫をしてみてはいかがでしょうか。 なおこの場合は、窓ガラスにUVカットフィルムを貼るなどして、 紫外線の皮膚への悪影響を防ぐようにしましょう。

  • 好きなカーテンで自分らしく過ごせる空間づくり

    子ども部屋に適したカーテンの色・柄と聞くと、楽しくカジュアルなもの、 かわいらしいもの、明るくポップなものなどが思い浮かびますが、 子どもの好みも聞き入れて、本人自身が落ち着ける環境づくりの 助けになるものを選ぶべきです。 子ども部屋には、色合いのきれいなチェックや、 線幅が太く明るい色味のストライプなどは男女を問わず人気です。 ドット模様は色やドットの大きさによって印象が大きく異なりますが、 明るくポップな雰囲気づくりに効果大。 花柄は女の子らしいお部屋の定番ですが、 落ち着いた色味で高級感ある素材にすれば、大人になってからも長く使えます。

  • 「年齢+10」で長く愛用できるカーテンを探そう

    子ども部屋のカーテンについての、親御さんの悩みは 「子どもはすぐに汚すから…」「すぐに大きくなって、似合わなくなるから…」 などでしょう。 子ども部屋のカーテンは、重厚な素材よりは、 光を通す生地のほうが汚れても洗いやすく、適していると言えます。 また、幼い頃から質の良いものに触れて育つことは、 感性を育む上でもとても大切なことです。 なお、アニメのキャラクター柄などは、 本人が成長するにつれてかなりの確率で「ハズかしいモノ」になりやすいので、 子どもがひどく欲しがったとしても避けるべきです。 選ぶときは、現在の年齢に+10歳くらいを目安にして、 なるべく長く使える色・柄を絞り込みましょう。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

オーダーカーテンの買い替えのタイミング

ハンターダグラスのカーテンの評判や魅力について

オーダーカーテンの選び方

オーダーカーテンの色選び

施工事例一覧