オーダーカーテンにはどんな国内ブランドがあるの?

  • オーダーカーテンのメリットや魅力を教えて

    オーダーカーテンの国内ブランドを紹介する前に、「オーダーカーテンのメリット」について簡単に触れておきましょう。

    オーダーカーテンは、サイズや仕様をすべてオーダーできるので、どんなお部屋のデザインにも合わせやすいカーテンを作ることが可能です。お部屋の個性を際立てたい人や、ユニークなお部屋を作りたい人であれば、オーダーカーテンが強い味方となってくれるでしょう。さらに防音や消臭といった、目的の機能を備えたカーテンを選べます。既製品のカーテンよりも高い耐久性を備えているものが多く、長く使えるカーテンを選びたい人にとっても、オーダーカーテンがおすすめです。

    このほか、オーダーカーテンの魅力について知りたい方であれば、以下のページをご参照ください。オーダーカーテンのメリットから購入するタイミングに至るまで、より詳しく紹介しています。

    オーダーカーテンのメリットや魅力とは? | オーダーカーテン、輸入カーテンのサンクリドー

  • オーダーカーテンにはどんな国内ブランド(メーカー)があるの?

    本項では、「オーダーカーテンの国内ブランド(メーカー)」について解説します。日本国内で、オーダーカーテンを手掛ける有名なメーカーと取扱いブランドは以下の通りです。著名なブランドともなれば、オーダーカーテンのブランドを複数展開するケースも珍しくありません。

    オーダーカーテンの主な国内ブランド(メーカー)
    メーカー 主なブランド オフィシャルサイト
    川島織物セルコン フィーロ filo
    Sumiko Honda
    https://www.kawashimaselkon.co.jp/
    フジエテキスタイル PROFILE
    Heart art(ハートアート)
    https://www.fujie-textile.co.jp/index.html
    マナトレーディング マナテックス
    SATELLITE(サテライト)
    https://www.manas.co.jp/
    サンゲツ WARDROBE sangetsu https://www.sangetsu.co.jp/
    五洋インテックス インハウス IN HOUSE
    KOBE(コーベ)
    https://www.goyointex.co.jp/
    スミノエ mode S(モードエス)
    U Life(ユーライフ)
    https://suminoe.jp/
    東リ PLUS BONHEUR https://www.toli.co.jp/



    川島織物セルコンは、1843年(天保14年)の呉服問屋の創業に端を発し、170年以上の歴史を持つ川島織物が母体となっています。織物を専業としてきた企業ならではの高い品質ながら、現在の高級ラインから普及品まで多様な品目をトータルに取扱っています。オリジナルブランド「フィーロ filo」では、インテリアデザイナー本田純子氏の創作ブランド「Sumiko Honda」、および人気の海外ブランド「ウィリアム・モリス」のライセンスブランド品であるジャカード織などを扱っています。


    「フジエテキスタイル」は、国内・海外の製品を取扱うと同時に、自社製品の輸出にも注力するファブリックメーカーです。上品、上質なテイストが特徴で、日本独特のシンプルな美意識を表現するコレクションが常に人気があります。どんな部屋にも合わせやすい「プリーツカーテン」や、裾にアーチのかかった優雅な雰囲気が人気の「スカラップカーテン」など、取扱うカーテンの種類も豊富なブランドです。


    マナトレーディングは、世界中のインテリアブランドの販売を手掛ける国内企業ですが、オリジナルブランドの商品にも定評があります。とくに、マナトレーディングが展開する「マナテックス」というブランドで、海外商品のセレクトブランドとしての独自色を持ちながら、上質で洗練された暮らしを演出する繊細な美しさで注目されています。外国のインテリアに憧れている方、海外のインテリア雑誌に掲載されているような部屋を作りたい方に、特におすすめのブランドです。


    インテリアの専門商社として国内で高い知名度を誇るサンゲツは、カーテンにおいては国内最大規模のメーカーです。取扱うカーテンは約5,000品目にも上り、品揃えの豊富さ、美しさ、デザイン、機能性などが調和する製品設計で知られます。メンテナンスのしやすさや、健康、環境問題にも目を配るといった企業姿勢も評価されています。カーテン以外にも、サンゲツは壁紙のデザインや品揃えにも定評があり、オフィシャルサイトではたくさんのカタログが公開されています。


    五洋インテックスは、ヨーロッパのトレンドを紹介する最高級カーテンコレクションブランド「インハウス IN HOUSE」を展開しています。海外の高品質な生地に加え、同等のクオリティの縫製を国内で行うことで、価格設定を低めに抑えているのが特徴です。リーズナブルな価格に加えて、防災性や遮光性、UVカットなどを備えた「高機能カーテン」を手掛けることにも定評があります。


    スミノエは、カーテンを中心としたインテリア製品の企画と販売を手掛けるメーカーです。流行をリードしながらも、環境や健康に配慮した安全性の高い製品を作っています。防災機能を備えた「mode S(モードエス)」や、リーズナブルな値段の「U Life(ユーライフ)」など、取扱うブランドもさまざま。オーダーカーテンに加えて、医療現場や学校で使用する抗菌・抗ウイルスの機能を備えたカーテンも取扱っている企業です。


    東リは、1919年に創業した歴史のあるインテリアメーカーです。上質でシンプルな美しさ、快適さを追求したオーダーカーテンに高い人気があります。自宅で手軽に洗濯できる上、洗っても生地の縮みや色落ちの心配が少ない「ウォッシャブル」の機能を備えたカーテンも取扱っています。お手入れのしやすいカーテンを選びたい方に最適なメーカーです。

    上記の通り、日本国内にはオーダーカーテンを手掛けるインテリアメーカーが数多く存在します。より詳しいカーテンのラインナップや機能、料金などを知りたい方であれば、概要と併せて記述したオフィシャルサイトで確認しましょう。

  • オーダーカーテンは結局どのブランドを選ぶべき?

    さて、これだけメーカーやブランドが無数にあると、「結局どれを選べばいいの?」という疑問を持つ方も多いかもしれません。

    ですが、オーダーカーテンを「メーカーやブランドだけで選ぶ」のは避けたほうが賢明でしょう。何故なら、カーテンを選ぶポイントはメーカーやブランドだけに限らないためです。例えば、カーテンは生地によってデザインや色味が違う上、光沢や手触りなどもそれぞれで異なります。

    分かりやすく言えば、メーカーやブランドだけにこだわると、お部屋全体のバランスやテイストとミスマッチになりやすく、カーテンだけが目立ってしまうこともあるのです。したがってオーダーカーテンを選ぶ際は、部屋のテイストや家具照明などに合わせて、調和が取れるものを選択する必要があります。

    もちろん、「どうしてもこのメーカー(ブランド)がいい!」という方であれば、オフィシャルサイトで公開されている商品カタログ、またはショールームなどを通じて、オーダーカーテンをじっくり吟味するのも手です。豊富なラインナップの中から、お好みの素材やお部屋に合うデザインを探すのも、カーテンをはじめとしたインテリア選びの醍醐味と言えるでしょう。

    このオーダーカーテンの具体的な選び方や、注意すべきポイントについては、以下のページでも解説しているので、詳しく知りたい方であればご参照ください。

    カーテン選びのポイント|オーダーカーテンのサンクリドー

  • オーダーカーテンは既製品よりも料金が高い?

    カーテンに限らず、オーダーメイドは注文を受けて織物工場から生地を仕入れたり、縫製工場へ発注を行ったり、さまざまな工程を経て完成します。さらに、「お好みの素材やデザインで一から作る」という都合上、オーダーメイドは大量生産が困難です。そのため、オーダーカーテンは「既製品のカーテンよりも料金が高くなりやすい」という特徴があります。

    とはいえ、昨今はオーダーカーテンの注文を受けた後に、生産から販売までを一貫して手掛ける企業も少なくありません。すべての工程を自社(またはグループ内)で完了させ、オーダーメイドでも低価格を実現するメーカーも数多く存在します。これは、ファッションや生活雑貨においてもしばしば取り入れられる製造方法ですが、オーダーカーテンにおいても採用されるケースは珍しくないのです。

    もちろん、カーテンの素材やサイズによって価格帯は大きく異なりますが、オーダーカーテンでも「必ず高くなるとは限らない」ということを留意しておきましょう。もしも、家中のカーテンをすべてオーダーメイドで作るのが難しい場合、既製品と使い分けるのも手です。例えば、リビングや寝室のように、日常的に使用する部屋をオーダーメイド、それ以外を既製品のようにすれば、費用を抑えてカーテンを新調しやすくなります。

  • 国内ブランドのオーダーカーテンを使ったレイアウト事例

    サンクリドーでは、国内外を問わずさまざまなブランドのオーダーカーテンを取扱っております。ここでは、オーダーカーテンを使ったレイアウトした施工事例をいくつかご紹介しましょう。

    • フジエテキスタイルのオーダーカーテン



      フジエテキスタイルのオーダーカーテン

      フジエテキスタイルのオーダーカーテンを使用した寝室の施行事例です。窓辺に設置しているカーテンですが、天井高をより高く見せる目的から、床までのサイズでオーダーカーテンを作成しています。バラがデザインされた壁紙に映える、シックな色彩のオーダーカーテンです。

    • マナトレーディングのオーダーカーテン



      マナトレーディングのオーダーカーテン

      淡い照明と太陽光で彩られたリビングルームに、マナトレーディングのオーダーカーテンを用いた施行事例はこちら。あくまでもカーテンを主役にせず、リビング全体を引き立たせることを意識した落ち着いたデザインに仕上がっています。

    • 五洋インテックスのオーダーカーテン



      五洋インテックスのオーダーカーテン

      五洋インテックスが手掛けるブランド、「インハウス IN HOUSE」のプレーンシェードを使用したサンルームの施行事例です。閉塞感のないすっきりとしたデザインにしつつ、お部屋に差し込む光を上手に調節できます。オーダーカーテンを用いれば、どんな部屋にも合わせやすいカーテンを選ぶことができますよ。



    今回は、オーダーカーテンのメーカーやブランドについて紹介しました。国内メーカーによるオーダーカーテンは、上質さを追求する高級ラインから手頃な普及ラインまで、幅広い価格帯から選べるメリットも大きな魅力です。

    とはいえ、既製品やオーダーメイドに関わらず、カーテンは最適なものを見つけるのが難しいインテリアです。もしも「個人では部屋にぴったりのカーテンを見つけられない」という方がいれば、プロに相談をしても良いでしょう。お部屋の内装やインテリアに精通した専門家であれば、予算や好みに合わせて最適なオーダーカーテンを選んでくれます。

    お部屋にぴったりのオーダーカーテンについては、ぜひサンクリドーにご相談ください。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

オーダーカーテンの色選び

子ども部屋にもオーダーカーテンを

マンションを買い替えたらカーペットやカーテンも一新して素敵な住環境に!

オーダーカーテンで新生活を豊かに

施工事例一覧