シェードやパネルでお部屋の雰囲気をチェンジ

  • シェードやパネルでお部屋の雰囲気をチェンジ

    上質な生地でオーダーカーテンを作る場合、 シェードカーテンやパネルカーテンもお勧めします。 シェードやパネルがあれば、 部屋の雰囲気をチェンジすることが出来ます。 一つの柄だけだと飽きてしまう可能性がありますが、 シェードやパネルもあれば、全く違う部屋を演出することができます。 ここではシェードカーテンやパネルカーテンについて紹介します。

  • シェードカーテン

    シェードは日よけを意味します。 シェードカーテンは日よけ用のカーテンのことです。 正式には「ローマンシェード」と言います。 ローマンシェードは、機械式で上にあげるカーテンの総称です。 見た目は上げ下げできる大きな暖簾のようです。 シェードカーテンには、コード式とドラム式があります。 コード式は、コードを引っ張ることでシェードカーテンが上昇します。 ドラム式は、チェーンで上部のドラムを回転させ、 コードを巻き上げるタイプです。 シェードカーテンにも色々な種類があります。 シェードカーテンが二重になっている凝った作りのものもあります。 柄は下のカーテンとは違うので、 シェードカーテンを下げている時とそうでない時では 部屋の表情もかなり変わります。

  • パネルカーテン

    パネルカーテンは、フラットカーテンとも言います。 ヒダの無い一枚布のカーテン生地をレールに取り付け、 引き戸のように手でスライドさせて開閉するカーテンです。 カーテン以外にも、部屋の間仕切りとしても人気があります。 パネルカーテンがあると空間がすっきりとシャープな感じになります。 パネルカーテンは、それぞれのカーテンの重なりを利用することで、 すき間を作らずに開閉できるので、 暖房効率を上げたい時や遮蔽空間を作りたいときにも利用出来ます。 なおパネルカーテンの収納には、パネル1枚分の収納スペースが 必要になります。 収納スペースが確保できる場合には、ご検討下さい。

オーダーカーテンについてのお役立ち情報

豊富なデザインが魅力のオーダーカーテン

カーテンレール&カーテンホルダーにもこだわりを

上質な眠りはオーダーカーテンのある寝室から

オーダーカーテンだからこそできる個性的な演出

施工事例一覧