LIZZO新作 GENTRY|スペイン|トミタショールーム | 東京,世田谷区の海外ブランド・オーダーカーテン専門店「サンクリドー」

スタッフブログ

  • mixiチェック

LIZZO新作 GENTRY|スペイン|トミタショールーム

■2018/04/06 LIZZO新作 GENTRY|スペイン|トミタショールーム
lll
lll


インテリアファブリック2018新作発表会、続報です!

京橋、トミタショールームさんでは
【LIZZO (リッツォ、スペイン) の新作PR会】がありました。
「GENTRY」と「MYTHOLOGY」の2コレクションが新作として発表されました。
lll
lll


ヨーロッパでは高級なハイエンドブラインドとして有名なブラインドです。
スペイン国内のお城や邸宅にも多く採用されているカーテンや張り生地です。そしてそれが故に、石畳みの街並みや大理石や天井の高いアパートにあうようにデザイン、風合い(テクスチャー)、色、素材など精巧につくられていました。
lll
lll


LIZZO GENTRY
◆張り生地
ベルベット生地(コットン)ですが、ビンテージ感が演出され、より悠久の美、優雅さを漂よわせています。

lll
lll


LIZZO GENTRY
◆パネルスクリーン
古代ギリシャ時代、石彫像です。ヨーロッパの生地のなかで、このデザイン、たまに見かけます。
トミタショールーム1Fにも「パネルスクリーン」は展示されています。(張られているのは別の生地です。)

lll
lll

LIZZO 
 ◆Book 「GENTRY」
表紙に布張りが施されています。(これはドンス張りを匂わせる仕様になっていていますね ~~ )

lll
lll

LIZZO








lll
lll


lll
 


lll
 





lll
 


lll


lll


lll


 
lll

lll
 
  
◆クジャクです。
まるでリアルな羽の模様ですね。

lll
 

「スペイン」ときくと、『色彩豊か、異国情緒あふれるデザイン、リゾート風 ・・・』と思い浮かべそうです。
でも実際は、重厚感のあるベルベットやジャガード、なめらかでテクスチャー感のあるファブリックスが特徴的でした。
lll
lll


ベルベット生地にわざと、古さを出す方法として、特殊な薬剤をつけたり、化学的な粉をふきつけたり、ドライクリーニングを何度もしたりしてビンテージ感をだすための演出のお話が印象的でした。



lll
lll

世界には本当に多くのブランドがあります。
国や歴史、文化によりそれぞれの特徴があります。
lll
lll

トミタさんでは創業時代からの伝統的な日本の襖文化を基に、日本の壁紙をヨーロッパへ輸出していらっしゃいます。文化のコミュニケーション、すばらしいです。
lll
lll

(日本人として、日本の美を届けていただきたたいですね。)


lll
ll

LIZZO
http://www.lizzo.net/en/collections/gentry/



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
カーテンショップ サンクリドー
https://www.mobiria-nakajima.com/
住所:〒155-0031 東京都世田谷区北沢5-1-15
フリーダイヤル:0120-656-489
TEL:03-3465-6488
FAX:03-3465-6489
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇